ワキの正しいセルフケア方法

ワキ毛の処理は女性にとっては切っても切り離せないもの。

 

ふとした瞬間にワキ毛が見えるとそれだけで異性から恋愛対象として外されてしまったり、小学生の女の子の場合ワキ毛は男子の爆笑ネタになります。

 

特に大人のワキ毛は異性をゲンナリさせる要因に。

 

男性は自分が思っている以上に女性のワキを見ています。というか、目についてしまうようです。

 

そんな徹底した処理が求められるワキ毛ですが、セルフケアする場合は正しい方法で行わければワキのトラブルを発生させてしまいます。

 

ワキの処理で多いトラブルが以下です。

処理ダメージで色素沈着・黒ずみができてしまう

埋没毛ができてしまう

毛穴がポツポツしてしまう

脇を閉じるとチクチク痛い

毛穴や皮膚に炎症が起きてしまった

 

せっかくケアしても汚ワキを作ってしまったら意味がないですよね。

 

ここでは自宅でできる正しいセルフケア方法をご紹介します。

電気シェーバー

ワキの毛は太いので、何度も処理が必要になります。その度にカミソリを使っていると黒ずみを作り目も当てられないワキに。

 

それなら肌に負担をかけない電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーは安全性が高くいつでもどこでも処理できるのがメリットです。

 

深剃りができないのでカミソリを使った時のように綺麗なワキにはなりませんが、お手頃価格で購入でき毛を処理する10%の女性がこの電気シェーバーを使っています。

 

ただし、押し付けるように使用するとメラニンを生成させてしまうので扱いには注意が必要です。

抑毛剤

抑毛剤は塗り続けることで生えてくるワキ毛を細くしたり、生えるのを遅くする効果があります。

 

痛みもなく、気軽にはじめられるのがメリットです。

 

ただし、効果には個人差があり毛が太く濃い人ほど時間がかかる傾向があります。

 

またドラッグストアや薬局で購入できる安価な抑毛剤は刺激性が強く、肌荒れしやすいのがデメリットです。

 

ネット通販で購入できる抑毛剤は脱毛ローションはやや値段は高くなるものの肌に負担をかけず毛穴が引き締まったり、美白効果が得られるので、脱毛ローションで毛の処理をする場合はネット通販で専用のローションを購入することをおすすめします。

 

ワキは頻繁に処理を行う場所です。

 

正しい方法で処理をすることで美ワキが手に入るので、ワキに負担をかけない方法で処理をしてくださいね。