ワキが黒ずんでしまう原因について調査しました。

気づいたら黒ずんでいる自分のワキ。

 

故意に黒ずみを作ろうとしたわけではないのに、なぜできてしまったのでしょうか?

 

ワキが黒ずみは自分の何気ない生活習慣が原因になっていることも…

 

スウィープホワイトを使ったあとに黒ずみを作らないようにするために、今1つワキに黒ずみができてしまう原因を確認してみましょう。

理由その1:自己処理の刺激

ワキの黒ずみの原因のひとつに、自己処理の刺激による色素沈着があります。

 

ワキは、服や下着による摩擦を受けるなど常に刺激を受ける箇所でありますが、皮膚は薄くとてもデリケートです。

 

そのため、肌を守ろうとして、自己処理を繰り返すごとに皮膚が分厚く固く黒ずんでしまうのです。

 

特にカミソリによるワキ毛の自己処理は、黒ずみを引き起こしやすいです。

 

カミソリにより皮膚の角質層を剥がしてしまい、ダメージを受けた肌が回復するたびに厚く固い角質で覆われてしまいます。

 

これを繰り返すうちにワキの黒ずみは色素沈着として残ってしまうのです。

理由その2:汗腺の汚れ

ワキは汗腺がたくさんある箇所であるため、体の中でも汗の分泌が極端に多い箇所です。

 

そのため、毎日の生活の中で汗による汚れが蓄積し、毛穴に詰まり、結果として黒ずみを発生させてしまうのです。

 

汗はかいた時にはニオイもなく無色ですが、時間が経つと参加して変色し、嫌なニオイを発生させます。

 

酸化した汗は皮脂汚れとなって毛穴に入り込み蓄積されていくのです。

 

汗による汚れが毛穴に蓄積しないように、毎日の入浴で意識をすることによって少なからず改善されます。

 

美白成分が入ったボディソープや石鹸を利用するだけでもかなりの効果があります。

理由その3:制汗剤

ワキは体の中でも非常に汗をかきやすい場所です。

 

そのため汗やニオイを気にするあまり、頻繁に制汗剤を使用する人も少なくありません。

 

多量の制汗剤を毎日使用することによって、肌に負担をかけてしまったり、毛穴の詰まりを促進させてしまうことがあります。

 

ダメージを受けた肌はターンオーバーが遅れ、肌の再生能力も弱まります。

 

また、毎日の普通の入浴では制汗剤が落としきれていないこともあり、そういった場合毛穴に制汗剤の成分が蓄積されていくことになります。

 

そのため、ワキの黒ずみが日に日に濃くなっていき、慢性的な肌トラブルとなってしまうのです。

理由その4:生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れや食生活の乱れ、または睡眠不足などで肌がダメージを受けている場合も、ワキの黒ずみの原因となります。

 

栄養不足が続いたり生活リズムが乱れていると、新陳代謝が弱まり、肌本来の機能が損なわれてしまいます。

 

ターンオーバーが乱れた肌は、汚れが蓄積し、黒ずみの原因となる角質が増えやすくなってしまいます。

 

そのような場合は、ワキだけでなく肌にさまざまなトラブルが起きていることが多いので、肌の調子が良くないと感じた時には、生活習慣全体を見直す必要があります。

 

美白効果のあるビタミンCや肌の機能を高めるコラーゲンなどを意識的に摂取し、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

理由その5:下着による摩擦

化学繊維の服や下着による摩擦で、ワキが黒ずんでしまうことがあります。

 

ワキはもともと衣服による摩擦が多い箇所であるのである程度は仕方ありませんが、天然繊維の服よりも化学繊維の服の方が、肌に与える負担が大きくなります。

 

化学繊維の服は汗を吸収しにくいので、汗をかきやすいワキは、皮脂汚れが蓄積されやすくなってしまいます。

 

そのため、衣服による摩擦と皮脂汚れによる毛穴の詰まり両方が原因となって、よりワキの肌が黒ずんでしまうのです。

 

できるだけ化学繊維の服や下着の着用は避けるようにし、綿や麻などの天然繊維の服を身に付けるようにしましょう。