スウィープホワイトは妊娠中・授乳中に使ってもOK?

スウィープホワイト 妊娠中 授乳中

スウィープホワイトは黒ずみに効く黒ずみケア専用美容液。

 

妊娠中は女性ホルモンの影響で乳首やデリケートゾーン、脇が黒ずみやすくショックを受ける女性も少なくありません。

 

ふと気づいたらこんなに黒ずんでるの!?と驚くこともありますよね。

 

また出産後も半年間は黒ずみが続くので授乳中にこの黒ずみが気になる…といったママも多いです。

 

では妊娠中や授乳中でもスウィープホワイトは使用できるのでしょうか?

妊娠中・授乳中でも使って大丈夫?

9つの無添加だから安心

スウィープホワイト 妊娠中 授乳中

スウィープホワイトはアルコール、パラベン、シリコン、香料、着色料、鉱物油石油系界面活性剤、旧表示指定成分、紫外線吸収剤がフリーの9つの無添加の薬用美白美容液です。

 

肌に負担をかける成分は配合されていないので妊娠中や授乳中の肌がデリケートな時期でも安心して使えます。

 

美白成分の効果が強くて肌に刺激を与えてしまわない…?と不安に感じるかもしれませんが、スウィープホワイトの美白成分は肌に優しく、かつ美白効果に優れているものを使用しているので安心してくださいね。

 

実際、現在授乳中の私が使っていますが、なんの問題もなく使えています!

 

刺激等はまったく感じず、ホルモンの関係でくすんでいた脇が保湿と美白成分で美ワキになりつつあるのを実感しています。

 

ただ、心配な方はパッチテストをしたり、担当のお医者さんに相談してから使うようにしてくださいね。

妊娠中・授乳中に使う時の注意点

スウィープホワイト 妊娠中 授乳中

妊娠すると特に乳首が黒ずみますが、乳首の黒ずみを美白化することはオススメしません。

 

というのも乳首の黒ずみは赤ちゃんが乳首を見つけやすくするためでもあります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ目がはっきりと見えてないので、黒ずみ(赤ちゃんは黒の識別が早いです)があることで乳首の場所がわかります。

 

必死に乳首を探して吸い付くので、ここだけは美白化しないようにしてあげてくださいね。

 

また出産直後は頻回授乳するので、スウィープホワイトを塗ってもすぐに授乳になり拭き取らなければいけないので手間です。

 

乳首の美白ケアは、卒乳後がオススメです。

 

もちろん、ワキや陰部の黒ずみはスウィープホワイトでケアしても大丈夫です。黒ずみのケアは時間がかかるので、気になった場合は早めにケアしてくださいね。

スウィープホワイトは正中線にも効果はある?

出産後に気になる黒ずみといえば正中線ですよね。

 

私のお腹にもくっきりと正中線があります。普段は見えませんが水着を着た時は見えてしまうし、この正中線があるだけで水着なんて着れません…

正中線ができる原因

正中線は人間なら誰もが持っている線で、受精後に細胞分裂した時の名残と言われています。

 

ただ、普段は目立たない人のほうが多く、妊娠したら正中線ができた方はもともとあった正中線が妊娠の影響で目立つようになったからです。

 

この正中線の原因は妊娠中のホルモンの影響によるメラニンの過剰生成です。

 

脇や乳首が黒ずむのと同じで、妊娠中にメラニン生成が過剰になったことで、もともとあった正中線が目立つようになってしまったんですね。

正中線は消えるの?

正中線は出産後ホルモンの分泌が落ち着いた頃に徐々に薄くなっていきます。

 

ただ薄くなるまでの期間は個人差があり半年で消える人もいれば1年以上かかる方もいます。

 

また、中にはなかなか消えずずっと正中線が残ってしまう方もいます。

 

もし正中線が気になる場合は早めにケアしてあげたほうがより早く消えてくれます。

スウィープホワイトは正中線に使える?

スウィープホワイト 妊娠中 授乳中

スウィープホワイトは正中線ケアに使ってもOKです。

 

正中線のケアにはメラニン色素を薄くする美白成分と乾燥を防ぐ保湿成分が効果的です。

 

スウィープホワイトは5つの美白成分と3種のヒアルロン酸が配合されているので、正中線ケアにはもってこいの美容液とも言えます。

 

スウィープホワイトを使って余りそうであれば正中線ケアにつかってみてくださいね♪

 

TOPページ:スウィープホワイトを実際に使ってみた結果はこちら>>