スウィープホワイトとアットベリーをさらに比較

脇の黒ずみや二の腕のブツブツに効果があるとして人気が高い美白クリームがアットベリーです。

 

アットベリーは大容量で入っているのでコスパもよく、スウィープホワイトとアットベリーならどちらを購入したほうが良い?と気になる方も多いです。

 

そこでここではスウィープホワイトとアットベリーを比較してみました。

 

スウィープホワイト

アットベリー

美白成分

ホワイテーヌ

アルピニアホワイト

ビサボロール

グリチルリチン酸2K

トラネキサム酸

水溶性プラセンタエキス

グリチルリチン酸2K

天草フラボノイド

トウキエキス

エイジツエキス

保湿成分

ヒアルロン酸Na

アセチル-

加水分解-

コラーゲン

セラミド

エラスチン

トレハロース

ヒアルロン酸

アラントイン

 

単品購入価格

9,072円+送料600円

10,756円+送料540円

初回価格

5,832円

2,980円

2回目以降の価格

5,832円

5,440円

継続回数

なし

2回

内容量

30ml

60g

返金保証制度

180日間

180日間

 

スウィープホワイトとアットベリーの違いを比較してみると、それぞれ異なるポイントがいくつか挙げられることがわかりました。

美白成分

美白成分に関してはスウィープホワイトもアットベリーもそれぞれ成分は異なるものの、5種類ずつ配合しています。

 

グリチルリチン酸2Kはメラニン生成の原因となる炎症を抑える働きがある有効成分です。

 

アットベリーの美白成分とスウィープホワイトの美白成分はそれぞれメラニン生成を抑制しますが、ホワイテーヌ、アルピニアホワイト、ビサボロールはより強いメラニン抑制作用が期待できる成分なので、より黒ずみが濃くなるのを防ぎ、刺激によってメラニンが新たに生成されるのを防ぎます。

保湿成分

保湿は肌のターンオーバーを正常化させてメラニンが蓄積された細胞が体外に排出されるためには必要不可欠な成分です。

 

保湿成分に関してはスウィープホワイトは、アットベリーはでそれぞれ勝っています。

 

どちらも大きさの異なる保湿成分を配合することでナノ化された保湿成分が角質まで行き渡り、さらに肌の上に残った成分が乾燥を防ぎ肌の潤いを封じ込めます。

 

アットベリーは独自にトリプルサンド方式ケア、スウィープホワイトは保水型ヒアルロン酸が肌表面に、角層吸着型ヒアルロン酸が肌内部の角層に、低分子浸透型ヒアルロン酸が肌奥の角質層にそれぞれ働きかけ、高い保水効果を発揮します。

 

金額

スウィープホワイトは回数縛りがない5,382円、アットベリーは2回継続がお約束で2回継続した時の合計金額が8,420円です。

 

特にアットベリーは初回が2,980円のキャンペーンを実施中なので他の美白クリームよりもずっとお得に始めることができます。

内容量

内容量を比較するとアットベリーはスウィープホワイトの倍の量が入っています。

 

なのでたっぷりと使いたい!という方や、脇以外にも黒ずみが気になる部位があるという方はアットベリーなら全身に使えるので安心です。

 

スウィープホワイトとアットベリーを比較してみましたが、いかがでしょうか?

 

アットベリーは大容量でたっぷりの成分が配合されたコスパがいい美白クリーム。

 

スウィープホワイトは配合成分の質にこだわり少量でも高い美白効果を狙った美白クリーム。

 

またアットベリーは香料が配合されているので香料を避けたい方はスウィープホワイトを選んでおいたほうが安心です。

 

また黒ずみが薄く、もしかしたら1ヶ月だえけで大丈夫かも!という方もスウィープホワイトだけでOKです。